常盤大学の心理臨床センター主催で公開講演会が開催されます。

テーマは、「より健康に生きるための、動作法によるストレスマネジメント」です。

「動作法」という技法が重要なキーワードですが、あまり知られていないと思います。少し、「動作法」について説明します。
「動作法」というのは、「臨床動作法」と呼ばれるカウンセリング技法から発展したものです。例えば、イヤな気持ちを感じたときに、体は知らず知らずに緊張します。そんなふうに、体の状態には、その人の心の状態が表れてくるものです。動作法では、肩を上げたり、下げたりする動作、踏みしめて立つといった動作を行います。そういった動作を行うなかで、まずは、体に生じてくる感覚に気持ちを向けます。そして、試行錯誤的に動作を変えながら、同じように感覚に気持ちを向けます。体の状態を通して、自分自身の心をあり方に気づいたり、心のあり方が少し変化したりするのです。

そういう動作法を活用してストレスに対処することが学べるのだと思います。楽しみです。
申込み不要で無料というのも魅力的ですね。

以下、常盤大学のホームページから転載いたします。
http://www.tokiwa.ac.jp/information/2018/04/25/

テーマより健康に生きるための、動作法によるストレスマネジメント

内容

現代社会はストレス社会です。ストレスは身体のこり、心身の緊張感などの症状として身体に現れます。この講演会では、動作から心にアプローチする心理療法である動作法について学びます。今日から使える技法。楽しみにしてください。

講師 吉川 吉美 先生
     愛知学院大学心身科学部心理学科・心身科学研究科心理学専攻教授、臨床心理士

日時 2018年6月3日(日) 13:00~15:00 (受付開始 12:00)

会場 常磐大学 H棟大講義室

対象 一般の方

定員 300名(先着順)

参加費無料

受付 事前申し込みは不要です。


同じカテゴリー(カウンセリング)の記事画像
コラージュ療法体験イベント
メールマガジンを始めます
ゴールデンウィーク中も営業しております。
児童心理5月号(金子書房)「いじめ再考」
カウンセラーが二人でお話を聴きます。
カウンセリングでボードゲームを使うこともあります
同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 コラージュ療法体験イベント (2018-06-19 10:00)
 メールマガジンを始めます (2018-06-14 21:47)
 ゴールデンウィーク中も営業しております。 (2018-04-29 06:27)
 児童心理5月号(金子書房)「いじめ再考」 (2018-04-13 14:39)
 カウンセラーが二人でお話を聴きます。 (2018-04-11 20:43)
 カウンセリングでボードゲームを使うこともあります (2018-04-04 14:39)
Posted by リソースポート at 10:39│Comments(0)カウンセリングお勧めの情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
リソースポート
リソースポート
茨城県守谷市のカウンセリングルーム「リソースポート」です。主に子育てについてのカウンセリングを行っています。カウンセラーは学校心理士スーパーバイザー・臨床心理士の資格を持っていて、20年以上のキャリアがあります。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人