LINEを使った相談活動にたくさんの相談がよせられたそうです。朝日新聞の10月12日の記事で報道されていました。記事から引用します。
チャットでカウンセリング
--------------------------------
長野県教育委員会が9月、通信アプリ「LINE」を使って中高生の悩み相談を受け付けたところ、2週間で1579件のアクセスがあり、このうち547件の相談に乗れたことが分かった。県教委が10日、発表した。2016年度の1年間に電話で寄せられた相談は計259件で、LINEの方がはるかに多かった。県教委は「気軽に相談できる効果が大きい」とみて本格導入を検討する。
--------------------------------
私は新聞報道以上の情報は知らないのですが、本当に意味のある試みだと思いました。

 私も、SNSやチャットを使ったカウンセリングには、非常に期待しています。特に子どもたちにとっては、相談しやすい仕組みになるのではないかと思います。また、それだけではなく、カウンセリングの質を高めるも期待できるのではないかと思います。

 例えば、通常のカウンセリングの場合には、カウンセラーはひとりで相談を受けます。でも、チャットの場合には、LINEのグループチャットのように、複数で相談を受けることもある程度自然なことだと思います。複数で相談を受けるシステムも、チャット相談の場合は簡単なことだと思います。例えば、相談員が2名で組んで、横に並んで打ち合わせしながら、子どもの相談に応えたらどうでしょうか? きっと、相談員がひとりでチャットの相談に応えるよりもずっと良い相談活動をできると思います。

 また、相談員が複数でひとりの相談チャットに応じるだけではなく、同時にAIがチャットに参加していて相談を行ったらどうでしょうか? 例えば、相談員2名、AI1名(?)での計3名で相談を受けるのです。AIが応えることは、人間には出せない反応やAIだから許される反応をすることが期待できると思います。万一AIが良くない反応をしたとしても、人間の相談員がそれをフォローすることができます。このチームは非常に意味のある支援をできるのではないかと期待してしまいます。

 また、子どもが相談チャットをしてみて、話をしても相談するのも良いかもしれないと感じたら、音声通話での相談にそのまま移行できる仕組みを導入してはどうでしょうか? 普通の電話相談のように始めから音声通話で相談する仕組みよりも、子ども(相談する側)の抵抗が少ないのではないかと思います。相談する側のスマホの画面に電話のアイコンがあって、それをタップするとそのまま今チャットで相談している相手と音声で話ができるようにするのです。相談員のうちの1名が話をして、もうひとりが相談者と相談員の話を聞きながらチャットで参加するというスタイルも面白いかもしれません。

 SNSやチャットを使った相談活動は、始まったばかりですので、もっともっと改善されていくことだと思います。子どもたちの幸せのために、知恵を集めて活動をどんどん発展させていってほしいと思っています。



同じカテゴリー(カウンセリング)の記事画像
ゴールデンウィーク中も営業しております。
児童心理5月号(金子書房)「いじめ再考」
カウンセラーが二人でお話を聴きます。
カウンセリングでボードゲームを使うこともあります
知能検査WISC4を受けることができます。
お茶をお出ししております。
同じカテゴリー(カウンセリング)の記事
 常盤大学 心理臨床センター主催 公開講演会 (2018-05-15 10:39)
 ゴールデンウィーク中も営業しております。 (2018-04-29 06:27)
 児童心理5月号(金子書房)「いじめ再考」 (2018-04-13 14:39)
 カウンセラーが二人でお話を聴きます。 (2018-04-11 20:43)
 カウンセリングでボードゲームを使うこともあります (2018-04-04 14:39)
 知能検査WISC4を受けることができます。 (2018-04-04 14:22)
Posted by リソースポート at 11:16│Comments(0)カウンセリング
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
リソースポート
リソースポート
茨城県守谷市のカウンセリングルーム「リソースポート」です。主に子育てについてのカウンセリングを行っています。カウンセラーは学校心理士スーパーバイザー・臨床心理士の資格を持っていて、20年以上のキャリアがあります。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人