取手市がいじめによる自殺事件を踏まえて、補正予算で子どもへの相談体制などを整えるようです。

補正予算の概要という取手市の資料を見ると以下のように書かれています。

3.主な歳出補正の内容
今回の主な歳出補正のポイントは、3 項目となります。
1 点目に、いじめ防止対策に要する経費 299 万円を計上します。

【スクールカウンセラーの配置:1,600,000 円】
現在、県の事業でスクールカウンセラーが 4 名配置され、市内小中学校を
巡回していますが、児童・生徒、保護者、教職員に対し、より充実した教育
相談体制を整えるため、市の事業として 1 名を追加して配置します。
・スクールカウンセラー報酬額(臨床心理士等の有資格者)
30,000 円×2 日×25 週(6 か月)=1,500,000 円
・費用弁償
2,000 円×2 日×25 週(6 か月)=100,000 円

【命の授業講演会委託料:692,000 円】
市内中学校の 1、2 年生と保護者を対象に、専門家による講演会を開催し、
生徒の心に直接働きかけることで、命の大切さ、いじめを許さない、かけが
えのない命を尊重する気持ちを育てる取り組みを行います。
・講演料 108,000 円×6 回=648,000 円
・交通費、宿泊費 44,000 円

【学校生活支援事業教職員研修:698,000 円】
教職員が困っている子ども達を見分ける目を持ち、その時々に必要な支援
を過不足なく提供できるように、子ども達の隠された思いに気づき理解する
力を身に着けるため、市内小中学校の教職員への専門家による研修を行いま
す。
・講師謝礼 20,000 円×2 名×13 回=520,000 円
・費用弁償 3,000 円×2 名×13 回=78,000 円
・消耗品費 100,000 円

新聞報道では、産経新聞で「取手市教委、いじめ問題受けカウンセラー独自配置」と報道されていて、「新たなカウンセラーは市の教育関連施設に週2日勤務し、児童、生徒の相談を受けたり、保護者らに助言したりする。」とあります。新聞報道では、新たなカウンセラーは学校に勤務するのではないようです。取手市は「スクールカウンセラーの配置」と書かれていますが、教育関連施設に勤務だとスクールカウンセラーではありません。たいしたことでは無いかもしれませんが、どちらなのでしょうか?

新聞報道などで見る限りでは、いじめの事件から自殺に至るまでの経緯はあまりはっきりとは分かりません。いじめそのものが子どもを追い詰めることは間違いありませんが、学校や教職員の対応が悪いと子どもをさらに追い詰めてしまいます。教職員の対応こそ、一番の焦点になると思います。教職員の研修のために、予算をあてることは、ある程度意味があると思います。取手市内には小学校が14校、中学校が6校あります。が、2名で13回という予算の根拠は良く分かりませんね。


同じカテゴリー(子育て)の記事画像
児童心理5月号(金子書房)「いじめ再考」
カウンセリングでボードゲームを使うこともあります
知能検査WISC4を受けることができます。
夫婦げんかで子どもの脳が危ない!?(NHK)
子どもがなかなか寝ない
鉛筆の持ち方
同じカテゴリー(子育て)の記事
 透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記 (2018-05-06 18:57)
 児童心理5月号(金子書房)「いじめ再考」 (2018-04-13 14:39)
 カウンセリングでボードゲームを使うこともあります (2018-04-04 14:39)
 知能検査WISC4を受けることができます。 (2018-04-04 14:22)
 先生の役割を見直す (2017-12-25 16:55)
 夫婦げんかで子どもの脳が危ない!?(NHK) (2017-12-22 13:27)
Posted by リソースポート at 08:23│Comments(0)子育てカウンセリング
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
リソースポート
リソースポート
茨城県守谷市のカウンセリングルーム「リソースポート」です。主に子育てについてのカウンセリングを行っています。カウンセラーは学校心理士スーパーバイザー・臨床心理士の資格を持っていて、20年以上のキャリアがあります。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人