稲敷市庁舎 平成29年8月17日(木)に茨城県稲敷市で「子どもの自殺予防~ おとなたちにできること~」というテーマで講演をさせていただきました。
 稲敷市は、担当の方が精神保健福祉士の資格を持ったかたで、非常に熱心にこの企画を立ち上げてこられたようでした。ちなみに写真は稲敷市役所です。会場の設備も快適で、気持ちよく講演させていただきました。

 参加者は、小中学校の先生や市役所の関連課の職員の皆さんなど50名ほどでした。以前に学校で一緒に仕事をさせたいただいた先生方もいらっしゃって、講演中にはうなずいて聞いてくださり、あとでも声をかけて下さったり、ありがたい気持ちになりました。

 講演では、国の動きから、実際の子どもへのかかわり方まで幅広くお話をさせていただきました。最初に、平成29年7月に閣議決定された最新の「自殺総合対策大綱」に触れて国の施策の動きを概説しました。

 大綱では当面の重点施策の中に「子ども・若者の自殺対策を更に推進する」ことがとりあげられています。子ども・若者の自殺対策のために、具体的には以下のようなポイントがあげられています。
・いじめを苦にした子どもの自殺の予防
・学生・生徒への支援充実
・SOSの出し方に関する教育の推進
・子どもへの支援の充実
・若者への支援の充実
・若者の特性に応じた支援の充実
・知人等への支援

自殺予防活動は、一般に予防活動、危機対応、事後対応の3段階に分けて考えられています。予防活動(Prevention:プリベンション)とは、
通常の活動の中における支援です。日常的な悩みの相談に応えたり、生徒同士の良い人間関係づくりをうながしたり、ひとり一人の自己肯定感を育てたり、ソーシャルスキルを育てたりする活動も、自殺予防の活動とした考えることができるわけです。危機対応(Intervention:インターベンション)は、死にたい気持ちを抱えているなどの現在危機的な状況にある人を対象にした支援です。事後対応(Postvention:ポストベンション)不幸にも自殺が起きてしまった後に次なる自殺を起こさないための支援です。

 今回の講演では、特に、予防活動や危機対応の中での話の聴き方に焦点を当てて、お話をさせていただきました。自殺総合対策大綱で、「SOSの出し方に関する教育の推進」として具体的なポイントが上げられているからです。これには、大人がきちんと受け止めることが大前提だと思います。子どもがSOSを出したのに、きちんと聴けなかったら、子どもをさらに深く傷つけてしまします。だからこそ、丁寧に話を聴き子どもの気持ちを受けとめることをお伝えしてきました。どんな場合でも支援の基本は話を聴くことだと改めて思います。

 実は、この10年ほど、文部科学省などが子どもの自殺予防には国を挙げて取り組んできています。研究成果が利用可能な形でまとめられて、インターネットで手に入れることができます。例えば、文部科学省が平成9年にまとめた「教師が知っておきたい子どもの自殺予防」は具体的にどんなふうに子どもの自殺予防に取り組んだら良いか分かりやすく書かれています。さらにその内容をコンパクトにまとめたリーフレットもあります。「教師が知っておきたい」というタイトルですが、先生に限らず全ての大人に知っておいてほしい内容です。ぜひ一読されることをお勧めします。
 また、子どもへの自殺予防教育の導入についてまとめられている「子供に伝えたい自殺予防(学校における自殺予防教育導入の手引)」も一読の価値があります。子どもに自殺予防教育を行うことについては、自殺というテーマを扱うため、色々な不安や心配を持たれている側面もあります。そういった不安や心配を理解しつつ、共通理解を進めていくことの大切さから、この文部科学省の手引きは書かれています。現実に即していて、かつ丁寧な内容になっていると思います。

 子どもにかかわる人にはぜひお勧めしたい資料です。

 リソースポートのホームページでは、講演の内容を踏まえつつ、死にたい気持ちを抱えた子どもたちにどんなふうにかかわっていくかについては書いてみました。興味のある方は、「稲敷市で子どもの自殺予防についての講演をしました」ご参照ください。


同じカテゴリー(子育て)の記事画像
児童心理5月号(金子書房)「いじめ再考」
カウンセリングでボードゲームを使うこともあります
知能検査WISC4を受けることができます。
夫婦げんかで子どもの脳が危ない!?(NHK)
子どもがなかなか寝ない
鉛筆の持ち方
同じカテゴリー(子育て)の記事
 透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記 (2018-05-06 18:57)
 児童心理5月号(金子書房)「いじめ再考」 (2018-04-13 14:39)
 カウンセリングでボードゲームを使うこともあります (2018-04-04 14:39)
 知能検査WISC4を受けることができます。 (2018-04-04 14:22)
 先生の役割を見直す (2017-12-25 16:55)
 夫婦げんかで子どもの脳が危ない!?(NHK) (2017-12-22 13:27)
Posted by リソースポート at 21:13│Comments(0)子育てカウンセリング
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
コメントフォーム
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
プロフィール
リソースポート
リソースポート
茨城県守谷市のカウンセリングルーム「リソースポート」です。主に子育てについてのカウンセリングを行っています。カウンセラーは学校心理士スーパーバイザー・臨床心理士の資格を持っていて、20年以上のキャリアがあります。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人