LINEを使った相談活動にたくさんの相談がよせられたそうです。朝日新聞の10月12日の記事で報道されていました。記事から引用します。
チャットでカウンセリング
--------------------------------
長野県教育委員会が9月、通信アプリ「LINE」を使って中高生の悩み相談を受け付けたところ、2週間で1579件のアクセスがあり、このうち547件の相談に乗れたことが分かった。県教委が10日、発表した。2016年度の1年間に電話で寄せられた相談は計259件で、LINEの方がはるかに多かった。県教委は「気軽に相談できる効果が大きい」とみて本格導入を検討する。
--------------------------------
私は新聞報道以上の情報は知らないのですが、本当に意味のある試みだと思いました。

 私も、SNSやチャットを使ったカウンセリングには、非常に期待しています。特に子どもたちにとっては、相談しやすい仕組みになるのではないかと思います。また、それだけではなく、カウンセリングの質を高めるも期待できるのではないかと思います。

 例えば、通常のカウンセリングの場合には、カウンセラーはひとりで相談を受けます。でも、チャットの場合には、LINEのグループチャットのように、複数で相談を受けることもある程度自然なことだと思います。複数で相談を受けるシステムも、チャット相談の場合は簡単なことだと思います。例えば、相談員が2名で組んで、横に並んで打ち合わせしながら、子どもの相談に応えたらどうでしょうか? きっと、相談員がひとりでチャットの相談に応えるよりもずっと良い相談活動をできると思います。

 また、相談員が複数でひとりの相談チャットに応じるだけではなく、同時にAIがチャットに参加していて相談を行ったらどうでしょうか? 例えば、相談員2名、AI1名(?)での計3名で相談を受けるのです。AIが応えることは、人間には出せない反応やAIだから許される反応をすることが期待できると思います。万一AIが良くない反応をしたとしても、人間の相談員がそれをフォローすることができます。このチームは非常に意味のある支援をできるのではないかと期待してしまいます。

 また、子どもが相談チャットをしてみて、話をしても相談するのも良いかもしれないと感じたら、音声通話での相談にそのまま移行できる仕組みを導入してはどうでしょうか? 普通の電話相談のように始めから音声通話で相談する仕組みよりも、子ども(相談する側)の抵抗が少ないのではないかと思います。相談する側のスマホの画面に電話のアイコンがあって、それをタップするとそのまま今チャットで相談している相手と音声で話ができるようにするのです。相談員のうちの1名が話をして、もうひとりが相談者と相談員の話を聞きながらチャットで参加するというスタイルも面白いかもしれません。

 SNSやチャットを使った相談活動は、始まったばかりですので、もっともっと改善されていくことだと思います。子どもたちの幸せのために、知恵を集めて活動をどんどん発展させていってほしいと思っています。

  

Posted by リソースポート at 11:16Comments(0)カウンセリング
10月29日の「解決志向アプローチ入門講座その2」は、Atelier como というイベントスペースで行います。つくば市研究学園駅から徒歩10分にあるもとカフェスペースです。落ち着いたおしゃれな空間ですので、研修に集中して快適に学ぶことができます。
なお、「その1」に参加していない方のご参加もまったく問題ありません。解決志向アプローチを全く知らない方も大歓迎です。

ところで、解決志向アプローチとは、カウンセリグの短期療法の一種です。普通のカウンセリングでは悩みや問題を丁寧に聴いていきます。ところが、解決志向アプローチでは、問題や悩みに焦点を当てません。近い未来の良い状態に焦点を当ててそれについて話し合って、イメージを共有していきます。何がダメで、それがなぜダメなのかを考えるのではなく、自分にとって良い状態(解決)とは何かを、自分で考えることをカウンセラーが助けていきます。

私の実感では、不思議なことですが、解決について話し合い共有していくことで、自然と「解決」が近づいてくるのです。無理に解決しようとしたりするのではなく、自然と解決が近づいてくるのです。

しかも、この方法は、特別な方法ではなく、実はごく自然でごく常識的なものです。常識的で自然なものですが、「解決」そのものを大切にするという点に焦点を当てつづけること、相手の持つ力を深く信頼していることが、根本にあります。
子どもの教育に関わる方、子どもを支援する立場の方など、多くの方のご参加をお待ちしております。

詳しい情報はこちらから
解決志向アプローチ入門講座

お申し込みはこちらから
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01mpmfz02sy1.html  

Posted by リソースポート at 21:04Comments(0)解決志向アプローチカウンセリング
プロフィール
リソースポート
リソースポート
茨城県守谷市のカウンセリングルーム「リソースポート」です。主に子育てについてのカウンセリングを行っています。カウンセラーは学校心理士スーパーバイザー・臨床心理士の資格を持っていて、20年以上のキャリアがあります。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人