児童心理10月号(金子書房)の特集は、「聞き上手な先生子どもが「話してよかった」と思う聞き方とは」というテーマです。たくさんの先生方書かれていますが、私も「つい話しすぎてしまう先生が気をつけたいこと」として書かせていただきました。


我慢して聴こうとするとなかなかしっかり聞くことができません。ちょっとした工夫で、注目するところを変えると聞きやすくなります。


 


また、KIDSの黒沢幸子先生は「解決志向アプローチに学ぶ 子どもの話の聞き方実践ワーク」という文章を書かれています。こちらも大変お勧めです。


 

  

Posted by リソースポート at 11:06Comments(0)カウンセリング
プロフィール
リソースポート
リソースポート
茨城県守谷市のカウンセリングルーム「リソースポート」です。主に子育てについてのカウンセリングを行っています。カウンセラーは学校心理士スーパーバイザー・臨床心理士の資格を持っていて、20年以上のキャリアがあります。
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人