土浦にある、県南生涯学習センターで講座が開かれます。

ちょっと気になる子を理解するために

「ちょっと気になる子を理解するために! 発達障害の理解と支援」という講座です。

チラシには、
発達障害について、「発達障害とは何か」から幼児期・児童期の支援の仕方まで具体的に学習し、支援に生かす講座です。子供の学びや育ちを支援している方(児童館や児童クラブ、放課後子ども教室、幼稚園,小学校,特別支援学校,公民館,大学生,子ども会,ボランティア等),またはこれから支援したいと考えている方のご参加をお待ちしております。発達障害について理解を深めたい方も大歓迎です。
と書かれています。

第1回は
平成30 年7 月29 日(日) 10:00~12:00
「発達障害とは」
講師:藤田 俊之(茨城県立こころの医療センター 児童思春期部長)
 発達障害とは何か。 発達障害の種類と内容,対応の仕方について詳しく学習します。また,発達障害の現状と課題について考えます。

第2回は
平成30 年8 月12 日(日) 10:00~12:00
「幼児期・児童期における『気になる子』への具体的な対応」
講師:森本 純代(臨床心理士,特別支援教育士,各市町村の相談員)
 幼児期・児童期における発達障害の特徴を知り,対応の仕方について詳しく学習します。

第3回は
平成30 年8 月19 日(日) 10:00~12:00
「みんなで考えてみよう!『気になる子』への対応」
講師:森本 純代(臨床心理士,特別支援教育士,各市町村の相談員)
 実際の対応について,小グループで話し合いをします。

というスケジュールです。

定員40名で、参加費無料ということですから、早々と定員が埋まってしまうかもしれません。

お申し込みは、茨城県県南生涯学習センターhttp://www.kennan.gakusyu.ibk.ed.jpです。

お勧めです。
  

Posted by リソースポート at 09:15Comments(0)発達障害お勧めの情報
川村学園女子大学の心理学関係の公開講座を紹介します。無料で事前申込みが不要です。

常総線の天王台駅から近いので、土浦や牛久からもアクセスが良いので、興味がある人にお勧めですね。

以下に、川村学園女子大学のホームページから情報を転載いたします。
https://www.kgwu.ac.jp/

講習会


2018年度 川村学園女子大学心理相談センター 公開講座


青少年のコミュニケーション・スタイル
~家庭や学校でどうしていますか?~


[日 時] 7月14日(土)13:00~15:30 (受付 12:40~)

[会 場] 川村学園女子大学 3号館
     千葉県我孫子市下ヶ戸1133
     (JR常磐線 天王台駅「北口」よりバスで約4分)
    ※できるだけ公共交通機関をご利用ください。

[後 援] 我孫子市・我孫子市教育委員会

[対 象] どなたでもご参加いただけます

プログラム
●13:00 ~ 開会あいさつ(心理相談センター長 簑下成子)

●13:10 ~ 14:10 講座①「日本の青少年の特徴を知ろう」

「現代の」「日本の」青少年は、昔と比べて、諸外国と比べてどんな人なの
でしょうか。国際比較調査の成果等を交えて、現代日本の青少年の生き方や
コミュニケーションなどの特徴について文化心理学の観点からみていきます。

講師:松井洋(川村学園女子大学児童教育学科・同大学院心理学専攻教授、
教育学部長)

●14:20 ~ 15:20 講座②「うまくいかない伝え方・受け取り方を工夫するには」

気持ちや考えを思った通りに伝えることは難しいと思いませんか?

伝え方や受け取り方を工夫することで、ストレスの少ない健康なコミュニ
ケーションになります。どのようにすれば良いか一緒に考えてみましょう。
講師:佐藤哲康(心理相談センター所員、川村学園女子大学心理学科・
同大学院心理学専攻准教授、臨床心理士)

●15:20 ~ 閉会あいさつ  

Posted by リソースポート at 09:07Comments(0)お勧めの情報
松戸にある、聖徳大学で「生徒のやる気をちょっとだけ高めるためにできること」という公開講座が開かれます。



講師は、聖徳大学大学院准教授の矢口幸康先生です。矢口先生は、認知心理学を専門に研究されています。認知心理学というのは、物事のとらえ方について研究する心理学の領域です。認知心理学の立場から、子どものやる気を高めていく方法について話してくださるのだと思います。
会場は、JR松戸駅東口から徒歩1分という便利な場所ですし、参加費無料で、事前申込み不要とのことですから、気軽に参加できそうです。
ただし、定員は50名ということですから、会場へは早めに行く方が良いかもしれません。

以下、聖徳大学心理教育相談所のホームページから転載いたします。
http://www.seitoku.ac.jp/kenkyujyo/sinri/

タイトル教員のための心理学講座Ⅲ

テーマ「生徒のやる気をちょっとだけ高めるためにできること」

講師 矢口幸康先生(聖徳大学大学院 臨床心理学研究科准教授)

日時 平成30年6月16日(土)13:00~15:30

会場 聖徳大学生涯学習社会貢献センター
   (聖徳大学10号館)12階

定員 50名 (参加費無料・事前申込不要)

内容

 勉強する気が起きない。進路を決めなきゃいけないけど決めきれない。このような問題は「やりたくない課題と現状」を生徒がどのように捉えているか、という認知の問題と言い変える事ができます。劇的にやる気を高めることができる特効薬はありません。ですが、今抱えている課題や状況に対する生徒自身の認知や理解をちょっとだけ修正することは可能です。この講座では、生徒のやる気や意思決定を少しだけ後押しできるような心理学に関するお話を紹介いたします。

主催
 聖徳大学大学院臨床心理学研究科
 聖徳大学心理・福祉学部心理学科
 聖徳大学心理教育相談所
  

Posted by リソースポート at 18:00Comments(0)お勧めの情報
常盤大学の心理臨床センター主催で公開講演会が開催されます。

テーマは、「より健康に生きるための、動作法によるストレスマネジメント」です。

「動作法」という技法が重要なキーワードですが、あまり知られていないと思います。少し、「動作法」について説明します。
「動作法」というのは、「臨床動作法」と呼ばれるカウンセリング技法から発展したものです。例えば、イヤな気持ちを感じたときに、体は知らず知らずに緊張します。そんなふうに、体の状態には、その人の心の状態が表れてくるものです。動作法では、肩を上げたり、下げたりする動作、踏みしめて立つといった動作を行います。そういった動作を行うなかで、まずは、体に生じてくる感覚に気持ちを向けます。そして、試行錯誤的に動作を変えながら、同じように感覚に気持ちを向けます。体の状態を通して、自分自身の心をあり方に気づいたり、心のあり方が少し変化したりするのです。

そういう動作法を活用してストレスに対処することが学べるのだと思います。楽しみです。
申込み不要で無料というのも魅力的ですね。

以下、常盤大学のホームページから転載いたします。
http://www.tokiwa.ac.jp/information/2018/04/25/

テーマより健康に生きるための、動作法によるストレスマネジメント

内容

現代社会はストレス社会です。ストレスは身体のこり、心身の緊張感などの症状として身体に現れます。この講演会では、動作から心にアプローチする心理療法である動作法について学びます。今日から使える技法。楽しみにしてください。

講師 吉川 吉美 先生
     愛知学院大学心身科学部心理学科・心身科学研究科心理学専攻教授、臨床心理士

日時 2018年6月3日(日) 13:00~15:00 (受付開始 12:00)

会場 常磐大学 H棟大講義室

対象 一般の方

定員 300名(先着順)

参加費無料

受付 事前申し込みは不要です。
  

Posted by リソースポート at 10:39Comments(0)カウンセリングお勧めの情報
オススメのマンガ情報です。沖田×華(おきたばっか)さんという漫画家さんの『透明なゆりかご 産婦人科医院看護師見習い日記』を少し読みましたが、大変、心に残る作品でした。命について深く考えさせられました。



めちゃコミックで2018年5月23日の10時まで第1話~第6話を無料で読むことができるようです。ぜひ、無料期間中に読んでみて下さい。
https://sp.comics.mecha.cc/books/87223

ところで、沖田×華さんは、発達障害の診断があることを公表している漫画家さんです。2016年の8月に、茨城県立友部特別支援学校主催で「アスペルガーで、漫画家で」という公演会が開催されました。その講演会でお話を聴いていたので、個人的には親しみを感じている漫画家さんです。その時の話は、少しだけリソースポート本体のブログで書かせていただきました。そちらの記事は以下のリンクからどうぞ。
沖田×華さんの講演会に行ってきました-リソースポート|茨城県守谷市
  

Posted by リソースポート at 18:57Comments(0)発達障害お勧めの情報
茨城いのちの電話の2018年度公開講座で講師を担当します。

4月7日に「傾聴ミニ講座-"聴く力"を高めるヒント-」というテーマで開催します。


茨城いのちの電話のホームページから転載いたします。

http://www.iid.or.jp/events180407.html



傾聴ミニ講座-"聴く力"を高めるヒント-

茨城いのちの電話は、年間2万件を超える電話相談に耳を傾けてきました。相談の基本は「傾聴」です。相手の心の動きにじっと耳を澄ませて聴いていくことを大切にしています。ところで。「傾聴」は相談の中だけのものではありません。日常の人間関係でも非常に役に立つものです。今回、茨城いのちの電話では、その傾聴のエッセンスをお伝えしようと、このミニ講座を企画いたしました。「聴く力」を高めるヒントを学んで、毎日の人間関係に役立ててみませんか?


講師:半田 一郎(臨床心理士・学校心理士スーパーバイザー)

【プロフィール】

子育てカウンセリング・リソースポート代表、スクールカウンセラーとして、子どもや保護者のカウンセリングにあたってきた。茨城いのちの電話では、養成講座や相談員の研修を担当している。著書は、「一瞬で良い変化を起こす10秒・30秒・3分カウンセリング」(ほんの森出版)他、多数。

日時:2018年4月7日(土) 14:00~15:30(開場 13:30)
会場:つくば市 春日交流センター 大会議室
   (つくば市春日2-36-1)

プログラム
 ①いのちの電話 紹介
 ②ミニ講座 「“聴く力”を高めるヒント」
 ③相談員応募をお考えの方への個別相談

参加費:無料(先着順40名)※要予約

主 催:社会福祉法人 茨城いのちの電話

お問い合わせ・申込先:社会福祉法人 茨城いのちの電話 事務局
 TEL: 029-852-8505(平日 9:00~17:00)
 FAX: 029-852-8355

http://www.iid.or.jp/events180407.html



  

Posted by リソースポート at 10:00Comments(0)カウンセリングお勧めの情報
イーアスつくばに松本ハウスさんが来ます松本ハウスさんとお話をすることになりました。

お笑いコンビの松本ハウスさんの1人、ハウス加賀谷さんは、以前に統合失調症を発症され、療養を経て現在は寛解に至っています。お笑いの活動だけではなく、統合失調症の啓発を行う講演活動も精力的に続けてこられています。

茨城いのちの電話の公開講座として、松本ハウスさんをお呼びするイベントが開催されます。私も、パネルトークの一因として登壇することになりました。入場無料ですので、お時間のある方は、ぜひお越しください。


茨城いのちの電話のホームページから転載いたします。
http://iid.or.jp/events.html
----------------------------------------------------------------


茨城いのちの電話 公開講座
統合失調症がやってきた-心の健康を支えあう-

講演 松本ハウス(漫才コンビ)
1990年代「タモリのボキャブラ天国」「笑っていいとも」など数々のバラエティ番組に出演。その後10年にわたる加賀谷の闘病・寛解を経てコンビ復活。現在もTVラジオ舞台で活躍中.

パネルトーク
 小原 昌之
  (臨床心理士/県立リハビリテーションセンター
 半田 一郎
  (臨床心理士/子育てカウンセリング・リソースポート

日 時:2018年3月18日(日) 14:00~16:00(開場 13:30)

会 場:イーアスつくばホール
 (つくば市研究学園5-19 イーアスつくば2F)

定 員:200名 入場無料(事前申込不要)
 (会場満席の場合はお断りする場合があります。)

問合せ先
 社会福祉法人 茨城いのちの電話 事務局
 TEL:029-852-8505
   (070-4000-1484 当日のみ)
イーアスつくばへのお問い合わせはご遠慮下さい。

 ただ今、茨城いのちの電話では相談員養成講座生を募集中です。
 当日は説明会も実施したします。

主 催:社会福祉法人 茨城いのちの電話  後援:つくば市  

Posted by リソースポート at 09:20Comments(0)カウンセリングお勧めの情報

2018年01月25日

体験アートセラピー

 子育てカウンセリング・リソースポートは、守谷市薬師台に2018年2月にオープンします。オープンを記念して、コラージュ療法というアートセラピーを体験してもらうイベントを開催することにいたしました。各回3名という少人数ですが、落ち着いた中でアートセラピーを体験したいただけると思います。

コラージュって
 「コラージュ」とは、フランス語で「貼り付ける」という意味です。気になった雑誌の部分を切り抜き、いくつかの切抜きを1枚の用紙に貼りつけていって作品を作ります。絵が上手かどうかは全く関係なく、誰にでも簡単にできる手法です。

 そのコラージュを、カウンセリングに活用したものがコラージュ療法と呼ばれています。「自己理解を深める」「なりたい自分を明確にする」ために行うことが多いと思います。簡単な手順で作成できますが、アートを通して自分自身を表現できるため、自分の心を深く見つめたり、心が落ち着くように感じたりするなど、自然とプラスの変化が生じてきます。

 今回は本格的なカウンセリング(アートセラピー)というよりは、まずはコラージュを楽しく作ることを体験していただきたいと考えております。お気軽にご参加いただければ幸いです。

 皆様のご参加を、心よりお待ちしております。


開催の概要
日時
 ①2月17日(土) 午前10時~12時
 ②3月 1日(木) 午前10時~12時
 ③3月16日(金) 午前10時~12時
 ※いずれも受付は午前9時半~です。
 ※各回の1週間前までにお申し込みください。

場所: リソースポート

参加人数:①~③とも各回定員3名様

費用: 500円
 ※「いばらき Kids Club カード」ご持参の方は、無料でご参加いただけます。

持ち物・準備:
 特にございません。お気軽にご参加ください。

駐車場:
 建物の前に3台分の駐車スペースがあります。
 ※交通機関をご利用の方は、リソースポートのHPでアクセス方法をご確認ください。

開催場所は、子育てカウンセリング・リソースポートのカウンセリングルームです。住所は、茨城県守谷市薬師台1丁目7-5です。

お申し込みについて
お申し込みは、子育てカウンセリング・リソースポートのホームページからお申し込みください。

子育てカウンセリング・リソースポートのホームページ
 
https://www.resource-port.net/
  

Posted by リソースポート at 20:09Comments(0)カウンセリングお勧めの情報
つくば市民大学で活躍されてきた徳田太郎さんが講師の研修講座が2つ募集されています。


1つめは、つくば市が開催する平成29年度 地域コーディネーター講習会「地域コーディネーターを目指して ~地域の〈ちから〉を活かすワザとココロ~」という講座です。
概要は次の通りです。
・日時 平成30年2月4日(日曜日) 14時00分~16時00分
・会場 つくば市役所 2階 会議室203
・講師 徳田 太郎 氏(つくば市民大学代表幹事)
・参加費 無料 ※事前のご予約が必要です。
・定員 100名(先着順)



つくば市民は何と無料で参加できるということで、うらやましいです。
申込期限は平成30年1月26日(金曜日)までだそうです。
詳しくは、地域コーディネーター講座https://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14214/14667/021801.htmlのページを参照ください。

 もう一つは、 認定NPO法人リヴォルヴ学校教育研究所が、つくば市で開催する講座です。こちらは、「子どもを支えるチーム作り講座- 連携のためのファシリテーション-」というテーマです。ファシリテーションの研修は色々と開かれていますが、子どもの支援に焦点を当てたファシリテーションの研修はなかなか見かけないので、この研修は、かなり注目だと思います。

 子どもを支援していくときには、家庭も学校も地域の支援者も連携や協力をしていくことが大切です。そういった連携協力を上手く進めていくためには、ファシリテーションの手法や考え方が非常に役に立ちます。私が専門としている、学校心理学でも、学校で子どもを支援していくときにはチームで支援していくことの大切さが強調されています。例えば、「学校心理学ガイドブック 第3版」(編:学校心理士資格認定委員会)には、子どもを支援するチームのコーディネータはファシリテーションの働きをすることが大切だと指摘されています。


研修の日程は
【A日程】2018年1月28日(日) 10:00~16:00
【B日程】2018年2月11日(日)  10:00~16:00
【C日程】2018年2月25日(日) 10:00~16:00
です。

この講座の情報はこちらのページからどうぞ。
子どもを支えるチーム作り講座- 連携のためのファシリテーション-

ところで、この講座は、子ども支援者向けの連携を学ぶ講座です。反対に、保護者にとっても学校や地域の支援機関との連携は非常に大切だと思います。私たち、子育てカウンセリング・リソースポートでは、学校や支援機関との連携に悩む保護者の方もサポートしております。


最後に、徳田先生について少し紹介します。
 徳田先生はプロのファシリテーターとして活躍されています。。2003年にファシリテーターとして独立されて、市民活動や地域づくり、医療・福祉などの領域を中心に、年間200日以上のワークショップやセミナーを実施されています。NPO法人日本ファシリテーション協会では事務局長、会長、災害復興支援室長を経て現在はフェローだそうです。その他、Be-Nature Schoolファシリテーション講座講師、東邦大学理学部生命圏環境科学科非常勤講師(コミュニケーション)などを務めておられます。
著書は、『ファシリテーションが会議・組織・社会を変える』、『「学びあいの場」のつくりかた』 です。


講師は、つくば市民大学で活躍されてきた徳田太郎さんです。私もつくば市民大学のファシリテーション講座で徳田先生から学ばせていただきましたが、素晴らしい先生だと思います。

 どちらも、私自身、本当に参加したい研修ですが、日程的に難しいです。ぜひお勧めします。  
タグ :研修講座

Posted by リソースポート at 14:31Comments(0)お勧めの情報
プロフィール
リソースポート
リソースポート
茨城県守谷市のカウンセリングルーム「リソースポート」です。主に子育てについてのカウンセリングを行っています。カウンセラーは学校心理士スーパーバイザー・臨床心理士の資格を持っていて、20年以上のキャリアがあります。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人